うづくり加工
木目出し加工について

うづくり加工が大型機械で短納期。1枚~100㎡程度であれば、2~3日で加工可能可能。無料でサンプル加工いたします。

カートの中身を見る

うづくり加工について

うづくり加工で木目を美しく、強く。

うづくり加工とは?

・木目の固い部分を残し、柔らかい部分をブラシで削る事により木目の凹凸を強調します。

・木の木目による陰影が強調され、表情が豊かになります。

・木の表面に強い材が残り、傷などに強くなります。

・木の木目を触って感じる事ができます。

うずくり加工イメージ

うづくり加工の3大メリット!

   

1.材の付加価値が向上します

2.高級感がでます

3.意匠性が増し、施主様への提案の幅が広がります


実際にはどのように加工されるのでしょう?

   

ブラシを使い削っていきます。しかし、ただ削るわけではありません。

まず、木の種類や、削る深さによりブラシの種類を選びます。

うずくり用ナイロンブラシ

【うづくり用ナイロンブラシ】

80番~240番の研磨剤の入ったナイロン製のブラシです。
一度に削れる量は少ないですが、ブラシのラインが材に残りにくく、綺麗な仕上がりとなります。

うずくり用ワイヤーブラシ

【うづくり用ワイヤーンブラシ】

0.1㎜~0.3㎜のワイヤーでできたブラシです。
一度に削れる量が多く、堅木の場合でもうづくりが可能です。しかしブラシのラインが材に残りやすく注意が必要です。

弊社ではこのナイロンブラシとワイヤーブラシを組み合わせて加工しています。

そのほかには、削る量や送材スピード、または削る回数を調整し、効率よくかつ綺麗に加工できるよう工夫しています。


   

専用の大型設備で短納期、低コストで加工が可能です

   

うづくり基本加工費

   

1㎡=2000円程度で加工可能。

   

30坪のフローリングを加工した場合、約20万円で可能です。

人の手で行うと1週間以上かかる作業を、大型のうづくり機によって大幅にコストダウン可能です。


※樹種、材のサイズによって変わります。
※梱包・送料が別途必要です。


うづくり専用加工機で短納期

大型の機械で加工するので、短納期です。定尺材であれば100㎡程度でも1日で加工可能です。

うづくり加工機
   

うづくり加工のメリット

   

・エンドユーザー様のご要望に応じてうづくり加工をしたい。

・既存の建材にうづくり加工をして、新たな商品としてお客様へ提案したい。

・1坪程度しか必要ないが、数量が少なすぎて頼めない。


大型のうづくり加工機はこのような課題を解決します。

  • うづくり加工サービスを1枚から大量まで、効率よく受注する事ができる。
  • うづくり加工サービスをお客様の必要な時に、提供する事ができる。
  • うづくり加工サービスを新たな商品開発に、活用する事ができる。

できない・不得意な材

       
  • 木目が広い材はうづくりをしても凹凸を感じにくくなります。木目が細かい材が向いています。
  • 堅木の場合、凹凸を付けるために深く削ろうとすると材に細かい筋が入ります(ブラシの影響)。エイジング加工には向いています。
  • 両端の角が少し丸くなってしまいます。後で切断するのであれば問題ありません。
  • 未乾燥材はできません。削れないことはないですが、毛羽立ってしまいます。

下記のうづくり加工事例をご参考ください。

工房志楽のうづくり加工可能なサイズ

幅500㎜×長さ4000㎜×厚み70㎜(最大サイズ)

うづくり加工可能な樹種

杉、ヒノキ、松、ウォルナット、ホワイトオーク、など様々な樹種で可能です。テスト加工も可能ですのでお気軽にお問合せください。

うづくり加工制作例

ハードメープルのうづくり加工New

ハードメープルのうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
ハードメープルにうづくり加工は可能か?

【結果】
だめでした。

ハードメープル。聞いただけで硬そうな予感がします。北米産の重厚で表面が強い木です。この木にはたしてうづくり加工は可能なのか?調べるために実際にうづくり加工をしてみました。
 

ハードメープルはうづくり加工できず

結果はだめでした。
こんなにうづくりできない木は初めてで、正直驚きました。

これまで広葉樹のナラやタモでもうづくり加工は可能でした。なので、ハードメープルといえども少しは削れると思っていました。しかし!、ワイヤーブラシとナイロンブラシを両方とも試しましたが、全然うづくりはかかりませんでした。

木の夏目が冬目のように固く、凹凸感がでません。残念ながら、ハードメープルのうづくり加工はできない。そんな結果となりました。

ハードメープルという名前だけの事はあります。(※写真をクリックすると拡大します)


うづくり深め 杉を焼いてみる

古材のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
杉のうづくりを深めにしたい(3㎜~5㎜)

【解決策】
杉を焼き、うづくり加工をしてみました。

うづくりの深さは通常1㎜ちょっとです。3㎜~5㎜となると結構深いうづくりになります。そのためただ機械でうづくりしてもなかなか思いのような深さになりません。 今回は、杉の表面を焼き、うづくりをする事で深さを出してみました。
また深く掘りたいのでワイヤーブラシも使い表面を削りました。ワイヤーブラシを使うとささくれが出やすいですが、焼きの影響かささくれが無く綺麗にうづくりする事ができました。
(※写真をクリックすると拡大します)

古材を焼き+ナイロンブラシでうづくり加工

うづくりの深さは木目にもよります。柾目に近い場所では深さが出やすいですが、板目の部分では深さがなかなか出にくくなります。そんな時この方法もいいかなと思いますが、焼いているので木目が黒くなってしまうのが唯一の気がかりです。
焼かずにうづくりをして深さを出す事もできなくはないですが、何回も加工する事になり、コスト的には高くなるのではないかと思います。


古材のささくれ取り

古材のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
古材のささくれを取りたい。

【解決策】
焼き+うづくり加工をしてみました。

古材のささくれ。。。やっかいですね、そのままだと触った際に手に刺さります。店舗の内装などで使用する際には、ささくれを取る必要があります。そんなささくれを取る為に、焼き+うづくり加工を試してみました。
(※写真をクリックすると拡大します)

古材を焼き+ナイロンブラシでうづくり加工

加工後の古材です。木の表面が丸っとなってささくれが取れました。引っ掛かりが全部取れるわけでもないですが、かなりささくれが取れます。その分、触っても安心です。ささくれをバーナーで軽くあぶり焼いておくと、ささくれが取れやすいですね。ただし、焼きすぎると木の表面が焦げるので注意が必要です。焼きはあぶる程度。そしてうづくりでささくれを取るのがいいと思います。今回のうづくりはナイロンブラシのみです。ワイヤーブラシだと削りすぎて、細かいささくれが出てしまうので、ナイロンブラシのみで加工しました。
もともとそんなに変色していない材だったので、うづくりで古材の質感が損なわれる事も無く加工する事ができました。
(※写真をクリックすると拡大します)


桐板のうづくり加工

桐のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
桐材にうづくり加工をするとどうなるの?

【解決策】
実際に桐材にうづくり加工をしてみました。

まずは、ナイロンブラシだけでうづくり加工した物です(下の写真)。手では凹凸を感じます。
写真でみると凹凸が分かりくいように見た目ではあまり凹凸を感じません。
(※写真をクリックすると拡大します)

桐材にナイロンブラシでうづくり加工

次に、ワイヤーブラシとナイロンブラシでうづくり加工をしてみました。
見た目で分かるとうり、しっかりとうづくり加工する事ができます。
特に色の濃い材の部分が深く削れています。また、ワイヤーブラシを使うので毛羽立ちが出ています。
(※写真をクリックすると拡大します)

桐材に深めのうづくり加工 桐材に深めのうづくり加工

柾目板のうづくり加工

柾目板のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
厚さ15㎜のフローリングを厚み12㎜にして、うづくり加工をして欲しい。

【解決策】
フローリングは表と裏をそれぞれ1.5㎜ずつ削り、うづくり加工をします。目の細い柾目板の場合、ナイロンブラシではうづくりをする事ができません。
この場合、ワイヤーブラシを使うと細かい目の柾目板でもうづくりする事ができます。ただ気を付けておかないとささくれが出てしまうので、材の種類等によってブラシのかけ具合を調整した方が良いです。

うづくり加工後の杉板

※柾目板のうづくり綺麗です。


焼き杉のうづくり加工

焼き杉のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
内装の壁で使う焼き杉を製作して欲しい。

【解決策】
内装材として焼き杉を使用する場合、焼いた後の炭を取り除く必要があります。そこで、焼いた杉板をうづくり加工する事により、表面の炭を取り除きました。

焼き杉は写真左側が焼きを弱め、右側が強めで製作しております。炭を取り除く際に、削るブラシの種類はナイロンブラシを使用します。ワイヤーブラシを使用すると、表面が削れ過ぎてしまいます。( デザインによっては、しっかり削る場合もあります)

うづくり加工後の杉板

※ワイヤーブラシを使うと、表面が荒れ過ぎるのでナイロンブラシで削るのがポイントです。


栗の木をうづくり強めで加工

栗の木うづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
栗の木のうづくり加工強めでお願いしたい。

【解決策】
栗の木をうずくり加工しました。中途半場にうづくりをするとバリが出ます。深くうづくりをすることで、バリがほぼ取れて深い凹凸のある表面を作る事が可能です。

うづくり加工の

※ワイヤーブラシを使うと、バリが出てしまいます。バリを取るためにしっかりと削る必要があります。

うづくり加工薄め

※ナイロンブラシだけでうづくりするとバリは出ません。しかしナイロンブラシでは深く削る事が難しくなります。


杉材をうづくり強めで加工

杉うづくり加工 がっつり加工

【ご依頼いただいた課題】
杉材をうづくり加工強めでお願いしたい。

【解決策】
がっつり加工させていただきました。お客様からは「思った以上の削れ具合でした」とご意見いただきました。


パインフローリングのうづくり+塗装事例

パインうづくり加工と塗装

【ご依頼いただいた課題】
パインのフローリングにうづくり加工+塗装をしてほしい

【解決策】
工房志楽では塗装も行っております。加工から塗装までワンストップサービスでご対応させていただきます。


サーもウッドのうづくり加工事例

ナラフローリングうずくり加工

【ご依頼いただいた課題】
サーモウッドの表面にうづくり加工するとどうなるの?

【解決策】
どうなるの?ということで、うづくり加工を行ってみました。パイン系の樹種なのですが、杉と同じ感覚でうづくりする事ができました。
サーモウッドは表面がめくれやすい材ですが、うづくりで表面のめくれは発生しませんでした。


パイン材 エイジング加工+塗装 うづくり加工事例

ナラフローリングうずくり加工

【ご依頼いただいた課題】
パインのフローリングをダメージ加工によってアンティーク風に仕上げたい。

【解決策】
ダメージ加工+うづくり加工をすることで、材の表面に凹凸を出し、アンティーク風に仕上げました。自社で塗装まで仕上げを行い納めさせていただきました。


ナラ材 エイジングフローリング うづくり加工事例

ナラフローリングうずくり加工

【ご依頼いただいた課題】
エイジングのダメージ加工による材のバリ、毛羽立ちがあり、住宅で使用しにくい。表面に凹凸があり、ワイドサンダーでは全体にサンディングできない。

【解決策】
うづくり加工をすることで、材の表面にあったバリ、毛羽立ちを取ることができました。また、木目の凹凸を出すことで、エイジングがより深まりました。ブラシで加工するので、表面の凹凸があっても加工する事ができます。


パイン材 羽目板 うづくり加工事例

ナラフローリングうずくり加工

【ご依頼いただいた課題】
商品により付加価値を付けたい

【解決策】
羽目板なので、表面が綺麗に仕上がるようブラシを選択。凹凸感を出すだけで、手触りが大きく変わります。
この他に、これまで経験による別の加工との組み合わせを検討し、より商品の付加価値を高める方法をご提案させていただきました。

  
    

うづくり加工機を導入する際のアドバイス

うづくり加工の導入をお考えの方へ

工房志楽では、前田機工㈱さんのうづくり加工機を使用しております。
これからうづくり加工を自社に取り入れたいなと思っている方の参考に、2年間使っての使用感等アドバイスになるか分かりませんが、ご紹介したいと思います。

弊社の課題

弊社は2008年ころからうづくり加工をしております。最初は幅150㎜のブラシがついた2軸のオリジナルのうづくり加工機を使用していました。
しかし、2軸しかないため、求める加工の深さ、仕上がり品質にたどり着くまで2~4回加工する必要がありました。しかもブラシの幅が150㎜しかないため1枚ずつしか加工できません。
これがボトルネックとなり、うづくり加工にとても時間がかかっていました。

新しいうづくり加工機の導入

そこで、2016年に導入したのが前田機工㈱さんのうづくり加工機です。最大加工幅はいろいろ選べ、600㎜、900㎜、1300㎜があったと思います。
弊社の加工機は最大加工幅が600㎜です。1300㎜幅あると3×6板も楽々加工できるのですが、弊社ではそこまでの加工が無かったのでコストも考え600㎜幅にしました。

また、6軸タイプで1~2番目の軸がワイヤーで、3~6軸がナイロンブラシとなっています。回転方向は正転と逆転を軸毎に切り替えて使用しています。
注意点としては軸が6軸あるので、集塵のホースも6本必要という事です。木工機械はいつも集じんで悩むのですが、今回は集じんBOXを自作し、なんとか乗り越えました。いちお全ての軸にシャッターを付けています。(開けておくと他の機械の吸いが悪くなるので。。。)

以前のうづくり加工機はブラシが偏摩耗してしまい、修正するのが大変でしたが、新しい浮造り加工機にはオシレーション機能がついており、今のところ偏摩耗が気になる事無く使えております。(※オシレーションは軸が左右に動く機能です。偏摩耗を押さえるだけでなく、抵抗を減らす効果もあるらしいです。)

効果

導入した効果としては、ボトルネックを解消する事ができました。加工の回数が減り、また一度にまとめて加工できるので10倍くらい早くなりました。加工が早くなったため、うづくり加工のみの仕事を受ける余裕もでき、新たな仕事を生む事もできました。

注意点など

使ってて注意が必要な点としては、切削抵抗が大きすぎるとブラシが停止する、又は送りベルトが動かなくなることがあります。これは、材を入れる際に注意すれば防げることだと思います。
あとブラシの上げ下げがハンドル式です。板厚の薄い物をうづくり加工した後に、角材など厚さのある物を加工しようとするとブラシが付いている本体とは別にブラシの上げ下げをして、厚みを確保する必要があります。その時、かなりハンドルをグルグル回す必要があります。それも6軸全部。。。結構な手間なので、弊社では角材(120角とか)の場合は、古いうづくり加工機を使用しています。加工する物の厚みがほぼ決まっている場合は、問題ないと思います。

うづくり加工機のカタログ

前田機工さんのうづくり加工機のカタログをダウンロードいただけます。いい加工機だと思います。
うづくり加工を始めたい方はぜひ検討してみてください。(※弊社で販売しているわけではありません。購入については前田機工さんへご連絡をお願いします。)

うづくり加工機のカタログダウンロード

うづくり加工機について、何か聞きたい点があれが、弊社までお問合せ下さい。分かる範囲でご回答させていただきます。※参考になるかは分かりませんが。。。

    
pagetop