うづくり加工
木目出し加工について

うづくり加工が大型機械で短納期。1枚~100㎡程度であれば、3~7日で加工可能可能。サンプル加工いたします。

カートの中身を見る

うづくり加工について

うづくり加工で木目を美しく、優しい肌触り。

うづくり加工とは?

・木目の固い部分を残し、柔らかい部分をブラシで削る事により木目の凹凸を強調します。

・木の木目による陰影が強調され、表情が豊かになります。

・木の表面に強い材が残り、傷などに強くなります。

・木の木目の凹凸が優しい肌触りとなります。

うずくり加工イメージ

うづくり加工の3大メリット!

   

1.材の付加価値が向上します

2.高級感がでます

3.意匠性が増し、施主様への提案の幅が広がります


実際にはどのように加工されるのでしょう?

   

ブラシを使い削っていきます。しかし、ただ削るわけではありません。

まず、木の種類や、削る深さによりブラシの種類を選びます。

うずくり用ナイロンブラシ

【うづくり用ナイロンブラシ】

80番~240番の研磨剤の入ったナイロン製のブラシです。
一度に削れる量は少ないですが、ブラシのラインが材に残りにくく、綺麗な仕上がりとなります。

うずくり用ワイヤーブラシ

【うづくり用ワイヤーンブラシ】

0.1㎜~0.3㎜のワイヤーでできたブラシです。
一度に削れる量が多く、堅木の場合でもうづくりが可能です。しかしブラシのラインが材に残りやすく注意が必要です。

弊社ではこのナイロンブラシとワイヤーブラシを組み合わせて加工しています。

そのほかには、削る量や送材スピード、または削る回数を調整し、効率よくかつ綺麗に加工できるよう工夫しています。


   

専用の大型設備で短納期、低コストで加工が可能です

   

うづくり基本加工費

   

1㎡=2000~4000円程度(税別)
加工具合によります。
※1㎡未満でご依頼の場合は1㎡分の価格とさせていただきます。

   

【例】30坪のフローリングを加工した場合、最安で約20万円

人の手で行うと1週間以上かかる作業を、大型のうづくり機によって大幅にコストダウン可能です。


※加工具合により価格は異なります。樹種、材のサイズによって変わります。
※梱包・送料が別途必要です。
※法人様のみのサービスとなります。


うづくり専用加工機で短納期

大型の機械で加工するので、短納期です。(混雑状況によります。ご相談ください。)

うづくり加工機
   

大型のうづくり加工機は大量に、効率よくうづくり加工をすることができます。


できない・不得意な材

       
  • 木目が広い材はうづくりをしても凹凸を感じにくくなります。木目が細かい材が向いています。
  • 堅木の場合、凹凸を付けるために深く削ろうとすると材に細かい筋が入ります(ブラシの影響)。エイジング加工には向いています。
  • 両端の角が少し丸くなってしまいます。後で切断するのであれば問題ありません。
  • 未乾燥材はできません。削れないことはないですが、毛羽立ってしまいます。

下記のうづくり加工事例をご参考ください。

うづくり加工可能なサイズ

最大サイズ:幅500㎜×長さ4000㎜×厚み70㎜

最小サイズ:幅50㎜程度×長さ500㎜×厚み10mm程度

うづくり加工可能な樹種

杉、ヒノキ、松、ウォルナット、ホワイトオーク、欅、など様々な樹種で可能です。

うづくり加工制作例

針葉樹合板のうづくり加工New

針葉樹合板のうづくり加工

おなじみの針葉樹合板。うづくり加工で凹凸は出せると思いますが、実際にどの程度なのか?感触は?ということで、調べるために実際にうづくり加工をしてみました。

針葉樹合板のうづくり加工品

結果はうっすらとうづくりがかかり、肌触りは断然良くなりました。
見た目も少し磨かれてつやつやしています。

これまで針葉樹でうづくり加工は可能でした。なので、針葉樹合板は削れると思っていました。
しかし!、思ったよりも肌触りや、見た雰囲気に違いが出てびっくりです。
このまま内装仕上げ材として使ったり、天板などで活用できそうです。

針葉樹合板のうづくり加工品拡大


ハードメープルのうづくり加工

ハードメープルのうづくり加工

ハードメープル。聞いただけで硬そうな予感がします。北米産の重厚で表面が強い木です。この木にはたしてうづくり加工は可能なのか?調べるために実際にうづくり加工をしてみました。

ハードメープルはうづくり加工できず

全然うづくりがかかりません。
こんなにうづくりできない木は初めてで、正直驚きました。

これまで広葉樹のナラやタモでもうづくり加工は可能でした。なので、ハードメープルといえども少しは削れると思っていました。しかし!、ワイヤーブラシとナイロンブラシを両方とも試しましたが、全然うづくりはかかりませんでした。

木の夏目が冬目のように固く、凹凸感がでません。残念ながら、ハードメープルのうづくり加工はできない。そんな結果となりました。

ハードメープルという名前だけの事はあります。(※写真をクリックすると拡大します)



桐板のうづくり加工

桐のうづくり加工

【ご依頼いただいた課題】
桐材にうづくり加工をするとどうなるの?

【解決策】
実際に桐材にうづくり加工をしてみました。

まずは、ナイロンブラシだけでうづくり加工した物です(下の写真)。手では凹凸を感じます。
写真でみると凹凸が分かりくいように見た目ではあまり凹凸を感じません。
(※写真をクリックすると拡大します)

桐材にナイロンブラシでうづくり加工

次に、ワイヤーブラシとナイロンブラシでうづくり加工をしてみました。
見た目で分かるとうり、しっかりとうづくり加工する事ができます。
特に色の濃い材の部分が深く削れています。また、ワイヤーブラシを使うので毛羽立ちが出ています。
(※写真をクリックすると拡大します)

桐材に深めのうづくり加工 桐材に深めのうづくり加工


柾目板のうづくり加工

柾目板のうづくり加工

目の細い柾目板の場合、ナイロンブラシではうづくりをする事ができません。
この場合、ワイヤーブラシを使うと細かい目の柾目板でもうづくりする事ができます。ただ気を付けておかないとささくれが出てしまうので、材の種類等によってブラシのかけ具合を調整した方が良いです。

うづくり加工後の杉板

※柾目板のうづくり綺麗です。


杉材をうづくり強めで加工

杉うづくり加工 がっつり加工

がっつり加工させていただきました。お客様からは「思った以上の削れ具合でした」とご意見いただきました。


パイン材 羽目板 うづくり加工事例

ナラフローリングうずくり加工

凹凸感を出すだけで、手触りが大きく変わります。

  
pagetop