有限会社 工房志楽

モクメント

セメントで作られた木の板「モクメント」

コンクリートの表面に木材の模様を付けるデザインは古くからありました。シンプルながらも木目によってコンクリートに豊かな表情が生まれます。
しかし、木目のコンクリート壁はその表現と構造が一体となっており、容易にデザインとして取り入れる事ができませんでした。

そこで生まれたのがコンクリートの無機質な質感と、古木の有機的な造形を組み合わせた「モクメント」です。
ケイ酸カルシウム板を基材とし、表面に特殊な軽量コンクリートを使い木の凹凸を再現しました。コンクリートの質感そのままに、木目の凹凸を細部まで転写し、木目の深い凹凸による陰影が光の強弱により様々な表情を生み出します。

モクメントを使うメリットとして、規格品として購入できる、加工がしやすいなどの点が挙げられます。また、クロスを貼るだけの場合よりも立体感が表現できます。

木目調のパネルを厚さ10㎜の軽量パネルで再現

厚みは約10mmと薄く、軽量なパネルで施工も簡単です。
モクメントはピンネイルでの仮留めが可能なので、接着時にタイルが下がるのを防ぎ、素早い施工を可能にします。施工が容易なので施工賃が安く済みます。

※モニター環境等によって実際の商品と若干色が異なる場合があります。予めご了承ください
※多少の色むらがあります。製品の特性としてご理解ご了承ください。

仕様

モクメント(品番:MMT)
材質 表面:セメント・軽量骨材 基材:ケイ酸カルシウム板
重量 約1300g
寸法(約) W900mm x H175mm x T8~10mm ※1平米あたり約6.5枚使用
入り数 7枚/1ケース(1㎡ 約6.5枚)
耐熱性能 高い不燃性
加工性能 切断容易。※ダイヤモンドカッターや、丸ノコ(サイディング用刃物)で切断できます。
接着性能 市販のケイ酸カルシウム板貼り付け用弾性系接着剤を使用してください。

推奨の下地ボード

・石膏ボード(厚9.5㎜以上) ・ケイ酸カルシウム板(比重1.0 厚6.0㎜以上) ・合板(Ⅰ類以上 厚9.5㎜以上)

接着剤について

市販品の弾性系のケイカル板用接着剤を使用してください。下地の動きの影響を軽減する事ができます。 ウレタン・エポキシ樹脂、変成シリコーン・エポキシ樹脂を使った接着材が一般的です。 従来の変成シリコーン・エポキシ系樹脂と比較して、 ウレタン・エポキシ樹脂系の方がより高弾性な物性が得られ、耐水・耐アルカリ性にも優れた性能を持っています。

使用上の注意点

※モクメントの表面はコンクリートでできており製造の都合上、 色ムラ出たり多少気泡が入ります。製品の特性として予めご了承ください。

※パネル自体にフックや棚受けを保持する力はありません。下地の合板や桟にビスが止まるようにしてください。

※屋内専用商品です。

オンラインでのご注文

モクメント
1箱:19,019円(税込)
商品コード:MMT(1箱7枚入り)
送料1箱あたり1155円(税込)※北海道、東北、沖縄・一部離島は金額が変わります
数量

※数量によって送料が変わります。※北海道、東北、沖縄・一部離島は金額が変わりますのでお見積り・ご注文時にご連絡させていただきます。
1枚単位(3枚、5枚など)でのご注文を希望される場合は別途FAX・メールにてお問合せください。

よくあるご質問

屋外でも使用できますか?

できません。屋内専用商品になります。

切断できますか?

ダイヤモンドカッターや、丸ノコ(サイディング用刃物)で切断できます。

不燃ですか?

個別の認定番号を取得しておりませんが、不燃材として利用が可能と考えております。 モクメントは厚さ5 ㎜以上のケイカル板の表面をコンクリートで仕上げた材料となります。 無機物からなる不燃性の素材ではありますがまだ新しい商品であり、 念のために「高い不燃性」と表記しております。 不燃性を確認する上で、建築基準法で定められる総発熱量試験を実施し、 不燃材料の基準を下回る発熱量である事を確認しております。

参考事例

実際にご使用いただく際や施工の際に気になりがちなことや参考になりそうな事例をご紹介しております。※画像クリックで詳細

出隅の仕上げ方法 モクメントを出隅で使用する場合、留め加工にて納めていきます。 留め加工部分はどうしても隙間ができてしまいます。 補修方法は資料をご確認ください補修キット(1000円:税別)を利用する事で、綺麗に仕上げる事が可能です。
塗装も可能 モクメントの使い方としては、そのまま無機質な質感を表現する事も1つのデザインです。 しかし、塗装をする事により本物の古木のようなデザインを表現する事もできます。